漫画ネタバレと無料エロ画像

漫画ネタバレと無料エロ画像・電子コミック評価

いぬばか 12巻 第126話「心の眼」(桜木雪弥)感想&あらすじ・大会が終わってからは全てが流れてしまう展開…ネタバレ注意。 #マンガ – 面白い漫画を教えてください。

一言感想

大会が終わってからは全てが流れてしまう展開にもなってくるものですが当事者においてはかなり流れてしまうのも共感出来る部分にもなるものです。

面白いところ。

プレーオフになった所でるぱんが最初に駆け寄るのはかなり凄いと感じるものですが逆に食い意地が逆に仇となってしまうのが面白くなってくるものです。

好きなところ。

チトセの優勝者のコメントについてはかなり的確な内容にもなってくるのが伝わるものです。読者においてもかなり驚きにもなってくるのが分かるものです。

好きなキャラ。

飯田哲平、宮内すぐり、るぱん

好きなエピソード。

カルロスにおいては的確に返すのは見応え感が増すものですがおとぼけにもなっているのがかなり見ててもかなり実感として感じるものです。

おすすめ。

この後にはどの様な形での展開になろうとするのかがかなりワクワクしながら見れるものです。

作品に関する思い出。

いろいろな出来事が目白押しになってくる内容にもなってくるものです。しかし本当の部分を見失わなければ大きい希望にもなってくるものです。

作者に関して。

すぐりのいぬばかではない部分も垣間見えるものです。少しづつ成長に繋がっているのが共感出来るものです。

その他。

大会が終わってからいろんなお客がわっふるに登場するのです。その時にお決まりとしてあるのが武蔵が登場するのもかなり見応えが違ってくるものです。

Source: マンガ

 

タグ :

総合   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA